打ち合わせている人達

翻訳会社の今後

人形と空

グローバル社会となっている現代では、様々なシーンで翻訳が利用されています。翻訳会社も様々なサービスを提供しており、多くの人が簡単に外国語を翻訳できるようになっています。

» この記事の続きを読む

便利な翻訳

開いた英文の本

英語で書かれた論文も多く販売され、利用されている現代では翻訳技術も必要不可欠になっています。日本には翻訳会社が多くありますので、その中から自分にあった翻訳会社を選んで下さい。

» この記事の続きを読む

翻訳サービスを利用

ガッツポーズの男と女

最新の情報を仕入れるためには、海外のインターネットサイトやブログを活用すると良いでしょう。最近ではインターネットで翻訳サービスを利用することができるので、ネットを利用して使ってみると良いでしょう。

» この記事の続きを読む

会議の内容を残す

会議中の男女

テープ起こしをする時にはコチラを要チェックです。価格やサービスを徹底比較しながら希望の業者を選ぶことができますよ。

異動してきた社員にさせるのもよい

会社の会議では議事録を作成する必要があります。この作成は事務局となっている部署の社員が作成することが多いですが、この場合、移動してきた社員が担当すると、その部署の仕事を覚えることにもなるのです。テープ起こしをすることによって議事録を作成しますので、会議内容を再確認することになり、異動部署がどういった業務をしているのかであるとか、仕事でよく絡む部署がどこかということも分かるのです。また、テープ起こしの際に何度聞いても録音で聞き取れない箇所もあるものです。意見をした人が早口であったり、小さな声であったりすると複数回聞いても分からないので、その場合は直接本人に内線で内容を確認するようにすればいいのです。

テープに録音しつつ会議本番でもメモを取っておく

テープ起こしで議事録を作成する際、効率的に行う方法があります。それは会議の時に自分の理解出来る範囲でメモを取っておくことです。会議で議論が飛び交うとときに意味不明な発言をする発言者もいますが、そういったことは除外して必要と思われる箇所のみメモを取っておくと会議後にテープ起こしをして議事録を作成する際にやりやすいのです。取ったメモと照らし合わせながらテープを聞き直すと、会議内容の理解度もアップし、結論をまとめる際にも文章が出てきやすくなります。畑違いの部署から異動してきた社員がこういった議事録作成を繰り返していると、徐々にその部署の仕事を理解してきてハウ雨に戦力として加われるという可能性があるのです。

オススメリンク