性病検査を受けたいなら注目!自宅で検査キットを利用しよう

Menu

早めに受診しましょう

男女

痛みはほとんどありません

クラミジアや梅毒、トリコモナス膣炎などの性病は、性行為が原因で感染しますが、比較的症状が少ない病気もあるため、大切なパートナーに感染させてしまう可能性があります。排尿時に痛みを感じた場合やおりものの量や臭いなどに異常がある場合は、早めに専門クリニックを受診する必要があります。男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科を受診すると良いでしょう。病院やクリニックに足を運ぶと、問診票を記入する必要があります。性病検査は体に負担が少なく、痛みなどもほとんどないですし、恥ずかしさを感じる必要はありません。性病検査は綿棒や木のへらを使って、粘液や細胞を採取し、採血や採尿などを行います。性病検査は短時間で診断が出ることが多いので、早めに受診をすることが大事です。クラミジアや淋病などの性病は、一定期間の潜伏期間を経てから症状が出ることが多いです。若い年代の人から、中高年以降の人まで、恋愛にオープンな人が増えており、知らないうちに感染している可能性があります。性病が疑われる場合は、本人はもちろん、パートナーも一緒に医療機関を受診して性病検査を受けて下さい。性病検査の結果が陽性の場合は、内服薬による治療を行います。普段から性病を予防するために、コンドームを装着させるようにし、複数の異性と性行為を持たないことも大事です。泌尿器科や産婦人科では、親切で丁寧な応対の医師が在籍をしているので、安心して受診できます。